読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

清く正しく美しく、強く

錦戸亮くんより先に結婚することを目標にしてる。

まだ元気が出ていない

ジャニヲタ的あれこれ 感想文
元気が出るLIVE、Blu-rayを買ったんだけどまだ全然観てない。全部観るまではなるべく皆さんの感想も読まないようにしようと思っていたのだけど。あまぞんさんで注文したから、ついついレビューを見てしまった…ひどいことになってた。そんなひどいの…?
いつもなら何が何でも時間を作って、時には有給まで取って観てたけど、今回はあまり観る気がわかない。でもそれでも良いかなーと思ってる。気が向いたら。そのうちね。

ただあのパッケージを考えた人とはちょっと話し合いたい。それで良しとした人も全員呼び出したい。全然知らなくて「?!?!?!」ってなった。しかも裏面の名前のところ、全然上手いこといってないし・・・ちょうど6人の名前からぴったり取れる!!ならまだしも、全然上手くない。TADAYOSHIはまだ良いとしても、OKURAは無理やり過ぎる。全然上手くないってば!

何にも考えずにただみんなでキャーキャー言いたかったな。良いアルバムで良いライブだったのにな。
私は批判的な意見を読むのも嫌いじゃなくて、そりゃあ感情に任せてわぁわぁ悪口言ってるだけなのは嫌いだけど。はてなの皆さんは文章を書くのがお好きなんだなお上手だなって方が多くて、そういう方たちはただの悪口を書いてるわけじゃないので、どんな切り口であれ読んでいて興味深い。


私たちも経験を積んだからなーって思った。ファンとしての経験を。エイトが経験を積んだ分、成長した分、私たちもファンとして色々なことを経験させてもらった。ファン歴の長い短いではなくて、たとえば今年ファンになった方でも、過去のライブDVD見てたりしたらそれも経験になると思うし。
今回のライブ構成はこうです、DVDはこうです、って出されたときに、過去に色々なライブを見てきた経験があるがために、どうしても過去と比べてしまう。この構成は良くないな、過去の◯◯のライブの構成は良かったのになぁ、とか。あと所属が変わったのも経験のひとつ。テイチク時代はこうだったのにな、って比べてしまう。

経験があるがゆえに、出されたものを純粋に楽しむことができなくなってきたなぁ。何だかちょっと、淋しい。

このDVDが彼らの初めてのDVDだったとしたら、こんなにたくさんの不満は出なかったんじゃないかな。これはこういうものって受け止められた気がする。大倉くんの不在はまた違う話だと思うけれど。

DVD発売が発表されたときに同じこと言ったけど、100人いたら100通りの考え方があるし、どれが正しいとか正しくないとかないよね。

全然何言ってるのか分からなくてごめんなさいね。自分でも何が言いたかったのか、何を伝えたいのか分からなくなった・・・