読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

清く正しく美しく、強く

錦戸亮くんより先に結婚することを目標にしてる。

ライブ中、MCやバラードで叫ぶの止めようね

MCでステージ移動してたりドリンクの準備してるときとか、バラードの前後とか、とにかく場が一瞬静かになったときにすかさずメンバーの名前等々を叫ぶ人って何なの?

馬鹿なの?

私は主に行くのがエイトだけだけど、そんなにファンの年齢層が低いわけじゃないと思うんだけど、それでもほぼ毎ツアー叫ぶ人はいる気がする。
(年齢層が高いほどマナーが良い、低いほどマナーが悪い、と言いたいわけではないです。いい歳してマナー違反する人もいっぱいいるし。叫び声からして若めなのかな?と思っただけで、私10代だけど叫んだりしないわって方がほとんどだと思うけどお気を悪くなさらないでください…)


今回のツアーだと、渇いた花*1の前後に叫ぶ人が後を絶たなかったね。
こんなふうにドームで2人だけでステージに立ってお前のピアノで歌うなんて思わなかったってすばるくんが話したり、2人で昔を懐かしんだり、2人がひたすらに見つめ合っていて、とにかく『ああ何て尊いのだろう・・・』としか言えない空間で、村上くんのピアノとすばるくんのブルースハープと、2人の歌声だけが響く空間で、まあ叫ぶ人がいたわけですよ。

何度考えても分からないのだけど、あの空間で叫ぼうと思うのってどうして?何がしたいの?何が目的なの?本当に、純粋に分からないから教えて欲しい。


私のこの声が彼の鼓膜を振動させている…!!ということに快感を覚えてるの?
あわよくば、「うるさい!」の一言でもいいから反応してくれないかなって思ってるの?それで、きゃっ反応してくれた!すばると会話しちゃった♡とかなっちゃうの?
叫ぶことは意思表示!あなたのファンは、ちゃーんとここにいますよ♡っていうアピール!ってこと?

馬鹿なの?

あの叫ぶやつ、自分で思ってる以上に迷惑ですからね。思ってる以上に、会場にいる5万人から『地獄に堕ちろまじで』って思われてますからね。5万人は言い過ぎたかもしれないけど少なくとも私は思ってますからね。
私このチケット代、関ジャニ∞の姿を見て声を聴くために払ったのであって、お前の叫び声を聴くために払ったわけじゃないんだけど。って思ってますからね。


演者側の立場からしても、バラードってやっぱり聴かせようしっとり聴いて欲しいと思って準備してきてると思うし、そこで名前を叫ばれたり『愛してるー!』って叫ばれたりするの、イラっとするし腹立つと思うんだけどな?盛り上がる曲ならともかくバラードでやられたら腹立つと思わない?私なら腹立つ。演者側に立ったことないから想像だけど、めっちゃ腹立つ。
バラードのここのタメはな、感情の盛り上がりを静かに表現しようと思ってタメているのであって、叫ばせるためにタメたわけじゃないんだぞって思うと思う。
もし自分が関ジャニ∞の一員だったとして、バラードの間奏しかもすばるくんの大サビ前に『ピコー!愛してるー!』って叫ばれたとしたら、ものすごく恥ずかしいと思う…俺のファンだけ叫んだ本当に恥ずかしい…すばるくんごめんメンバーみんなごめんってなると思う。ファンはアイドルを映す鏡、って言うし。
バラードでもMCでもぜーんぜん気にしないよ〜どんどん叫んじゃって☆ウェルカム☆☆なアイドル、たぶんいないと思うんだけどなぁ。

繰り返しになりますが、本当に思ってる以上に迷惑に思われてるからね!!叫んで良いことなんかひとつもないからね!!
会場中から『叫んだわーまじで頭悪いわー無いわー』っていう視線受けて、ステージ上のアイドルにも『邪魔だし恥ずかしいし…』って思われて(たぶん)、本当にその行為ただの自己満足なんだからね!!

だからお願いだから止めて下さい本当にお願いだから。


まぁ叫んでるような人たちはこんな記事読んでくれないだろうけどな。


とても余談だけど、この記事を書くにあたって『他のグループでも叫ぶ人いるのかなー?』と思っていろいろ見ていたら、さんだいめ的な方々のファンマナーについて書かれたページを見つけた。

『さんだいめの彼らは“アイドル”ではなく“アーティスト”。バラード中に名前を叫ぶ、なんてアイドルみたいな扱いをするのは止めましょう!!私たち、さんだいめのファンはアイドルのファンではなくアーティストのファンなのです!!』

っていうようなことが書いてあって、お、おう…そっか…ってなった。
アイドルのファンだってバラード中に名前を叫ぶのはマナー違反だからな!!

それにアイドルはなぁ、歌って踊って楽器演奏してドラマ出て映画出てバラエティーもやってるんだからな!最強にかっこいいんだからな!っていう話は長くなりそうなので止めておきます。

*1:村上くん・すばるくんのユニットで披露された曲。かつての関ジャニ∞アルバム曲のセルフカバー