読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

清く正しく美しく、強く

錦戸亮くんより先に結婚することを目標にしてる。

元気が出るCDの感想・・・今さら

ジャニヲタ的あれこれ 感想文
もういよいよツアーも始まるというのに、とても今さらなのは承知の上だけど、やっぱりツアー前に記録しておこうと思って元気が出るCDの感想を。
 
 
High Spirits
あんまり前知識入れずに聴き始めて、ああインストなんだとだいぶ経ってから気付く。本人演奏だということも、聴きながらクレジット見て知った。
音があーだこーだ、誰の演奏がどうだというのはよくわからないけど、ただ単純に嬉しい!
 
 
勝手に仕上がれ
「High spirits」と通して聴くと断然好きになった。初めて聴いたときはそんなにピンと来なかったけど、今は大好き。Mステも良かった!早くライブで聴きたい。
ライブのオープニングもこの流れかな?だとしたら最高に上がる。
 
 
韻踏ィニティ
すばるくん作詞で韻を踏むと言ってるから、韻踏みつつゴリゴリな言葉遊び曲(どんなん)を想像してたら全然違った。
和っぽい。
 
曲中に「エイター」と入って来るのはそんなに好きではないので、入れなくても良かったのではと思ってしまう。
ライブ中すばるくんに「エイター」と呼び掛けられるのはとても好きだし、ものすごくグッとくるのだけど、歌詞としては別に入っていなくても…と思ってしまう。
 
セリフの部分はアレンジはしなくていいから、普通にCDのまま言って欲しい。
アレンジされると、歓声で聞こえないんだわ。何言ってるのか。
 
えっ何歓声にかき消されて聞こえなかった、けどかっこよかったのは分かる、まいっかキャーッってなる。
 
でも、あそこセリフ続くから
 
『俺んとこ来いや』の後のキャーッで『行かんといて』が聞こえなくなる可能性がある。
 
みんな、キャーッは『浮気お嬢さん』後まで我慢しよう?
 
 
バリンタン
聴いただけのときは正直そんなに印象深くはなくて、まぁ可愛いなくらいだった。が、少クラで踊ってるのを見たら期待が高まった曲。
たぶんパフォーマンス込みで好きになる曲な気がする。楽しみな曲のひとつ。でも一緒に踊るのは諦めます…難しいから。振り覚えて、間違えないように付いていけるようにっていうのに一生懸命になるくらいなら、可愛く踊ってるメンバーを見ていたいです。双眼鏡で。はいキモチワルイ。
 
 
バラードで聴く横山くんの声が好きだ。柔らかい歌い方ができる曲の方が声に合ってる。好き。前も言ったけど、ほんとうに優しくて甘やかな声。
 
『君の声 君の匂い』の『君の匂い』のバタバタッと畳み掛ける感じが苦手。字余りしちゃった感。むずむずする。せっかく良い感じで浸ってるのに、ちょっと引き戻される。
 
ひとりずつパートとなると、これお着替え曲かな・・・と思ってしまった。歌い終わったら順番にはけちゃうのかな、それとも前の曲途中で前半パートの人たちがはけて着替えてくるのかな。
 
ステージが進行してるのに舞台上からメンバーがいなくなる、ってもう慣れたけどそれでも少しうろたえてしまう。
あれっ?あれ?いなくなった!えっ消えた?!なんで?!あぁ着替えてるのか…寂しい…ってなる。
 
 
ナイナイアイラブユー
青春ノスタルジーみたいな、マイクスタンドで歌うのを想像してる。
ナイナイナイナイナイ、アイラブユーのところの振付も頭の中では勝手にできている。
大倉くんの低音が良い。ウワァァァずきゅんってなる。
錦戸くんはクセのある歌い方をするけど(でもあの歌い方が好きだ)この曲は特にクセが強く出ている気がする。お口に何か入れて歌ってる・・・?て感じ(まさか)(好きだ)
 
 
好きすぎて妄想で1つ記事を書いてしまった
 ラジオでの解禁曲「勝手に仕上がれ」「ナントカナルサ」と当初はいまいちハマらなくて、バンド色濃い予感しかしなくて『あぁ…今年はバンドパターンですかそうですか』ってなってるところに「WASABI」が来たときのこれこれ!感。
 
サビで「〜〜じゃん」っていうところと、力強く「WASABI!!」「Wannabe!!」って言うところ、T.M.Revolutionぽい。
 
これ踊るよね?それとも意外とバンドでやる??それはそれでかっこいい、でも踊って欲しいなぁ〜!
 
 
ナントカナルサ
とても元気が出るし良い曲だと思うけど、本当の本当に落ち込んだときに聴くとダメな予感のする曲。ナントカナ、ならないよぉぉぉ無理ってなりそう。
ナントカナルサ→前向きの流れ危険。何もかももう無理ってときに聴くと余計落ち込みそう。
軽く凹んでる、くらいのときには抜群の力を発揮してくれそうではある。
 
 
ふりむくわけにはいかないぜ
ざっと聴いたときには可もなく不可でもなくな印象だったけど、歌詞を見るととっても良いこと言ってた。
『苦しむために生きないで あなた自身を愛してくれ』のところが好き。
 
 
 
元気が出るSONG
『ファンに向けてもあるけど、メンバーに向けて』
とは言っていたけど、全員メンバーに向けたのかなと思っている。
 
でも錦戸くんパートは、メンバーに向けてだとすると何だか切なくなる。永遠は約束されてないんだよね、不確かなんだよね・・・これをファンに向けてではなく、メンバーに向かって言ってるところがとても錦戸くん。
 
製作過程を映像で見せてくれたの嬉しかったな。ああこんな感じで打ち合わせして、作業して、レコーディングして、こんなに誠実に良いものを届けようとしてくれているんだなと知れた。
こんなふうに届けてくれたんだなぁというところ見せてもらったから、それも含めてこの曲が好きになった。
 
ずっと一緒、を全員分重ねるのはちょっと重いような気もしたけど、映像を見てからだとそうも感じなくなったし、関ジャニ∞関ジャニ∞でいてくれることの奇跡・・・同じ時代同じ国だいたい同じ地域に生まれ、ジャニーズに入って今そこにいてくれることの奇跡よ・・・ずっと一緒・・・ってなってくるから不思議。
 
最初は元気が出るCDに元気が出るSONGって何だよ!笑  と思っていてすみませんでした。元気が出るSONGこんな路線で来ると思わなかったよ。
 
ファンのために作ったという「All is well」がそんなに好きじゃなくて、嫌いじゃないんだけど何かいまいちハマらなくて、なぜか素直に受け取れなかったのだけど、この曲は好き。
 
 
 
どんな演出かなぁ、踊るかなぁバンドかなぁって好き放題想像してるときがいちばん楽しいかも。
 
始まってみると、
 
えっ…あ、バンドじゃないんだ?そっか…うん、あっ気にしてないよ、そうだよね、うん、この曲難しそうだもん、ね…そっかそっか。あっ、うんだから本当気にしてないから、うん
 
ってなったり
 
あれっ?当然踊ると思ってたけど?!エッ踊らないのこれ?嘘でしょ?この曲で踊らないとか!え、何じゃあ何の曲で踊るつもり?
 
ってなったり、
 
ハァァ?!何、この曲トロッコ移動に使うか?!ちょっと全然歌ってないで手振ってるだけの人もいるし!ねぇ!この曲そんな曲じゃないって!ちゃんと歌ってほしかった!!!!
 
ってなるならまだしも、
 
あれ?あの曲いつ歌うの?え?歌わないの?あ、歌わないんだ…アルバムを引っ提げたツアーだけど歌わないんだ…
 
ってなったりするじゃない。
 
あと、ものすごくかっこいいダンス曲なのにどうして?なんでその衣装?スタイリストさんそれ本当に良いと思ってスタイリングしてる?彼らの良いところ全部殺してない?そして君たち、それ本当に良いと思って着ているの?っていう衣装があったりするじゃない。
 
 
だから始まる前に、こんな衣装でこんな演出でこんな振り付けでって想像しているのは楽しい。
 
ライブ終わった後に大化けする曲があったりするし、今年も今の印象がガラッと変わるような演出があったりするかな。
 
 
どちらかというとダンスしてるところを見るのが好きだ。バンドも好きだけど、バンド推しで来られるとちょっと???と思ってしまう。アイドルとは?ジャニーズとは??と思ってしまう。
TOKIOさんがアイドルではない、ジャニーズではない、とは決して思わないのだけど)
 
 
かと言って、バンド少なめの関ジャニズム、リサイタルを見ると「あ、もし良かったらもっとバンドやってくれていいんですよ?ていうかやってください。あ、なんかバンド多すぎとか思っててすみませんでした」
 
って思うから本当におたくってワガママ。
 
もうあと少し札幌公演からスタートですが、どうか怪我なく事故なく完走できますように!