読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

清く正しく美しく、強く

錦戸亮くんより先に結婚することを目標にしてる。

ジャニヲタであることのメリットとは

先ほど、このブログのアクセス解析を見ていた。訪問者がどんな検索ワードでこのブログに訪れているのか見るのが楽しくてときどき見ているのだけど、今回『ジャニヲタでいるメリット』というワードが入っていた。

ジャニヲタでいるメリット・・・そんなこと書いたことあったかな?と思って、これをテーマに書いてみることにする。
 
 
 
メリット1.人生が楽しく豊かになる
 
仕事で嫌なことがあったとして、もう疲れた人生疲れたまじ無理だわってなったとする。
友人と飲みに行く気分にもなれないほど疲れ果て、重い身体を引きずりながら電車に乗り込む。
まずはイヤホンで関ジャニ∞の曲流すでしょ、そして携帯に保存してある錦戸亮くんが最高にかっこいい画像を眺めるでしょ。飽き足らず『錦戸亮』で画像検索をかけ錦戸亮を追加することもある。おかわり。
聴覚と視覚とで同時に錦戸亮を摂取するとどうなるか。
最高に癒されるよね。
 
帰り道、ちょっと元気になったしテレビ誌の発売日だからとコンビニに寄る。たとえばヤンマーちゃんが仲良くきゃっきゃしてる写真が載っている。大好き横山くんにきゃんきゃん絡む錦戸亮ちゃんの写真が載っている。
最高に癒されるよね。この番組が放送されるまでは死ねないって思うよね。
 
帰宅するまでの間にだいぶ回復したけれど、さらに帰宅後はお気に入りの映像を流しながら晩ごはんを食べる。歌番組だったりバラエティだったりライブDVDだったり。
 
お腹も心もいっぱいに満たされて、お風呂に入るでしょ。
お風呂上がりに、また違う映像を見ながらストレッチでもする。
 
はい復活した。明日も仕事頑張ろうって思える。稼がないとおたく活動もできないしな。
 
以前妹が仕事に疲れて荒れて帰ってきて、そのまま翌朝もボロボロの顔で不機嫌そうに出社したのを見て
 
『ジャニヲタなら、ライブDVDでも見れば一発で疲れが癒されるのだよ…ジャニヲタじゃない人って本当に気の毒だわぁ…何に癒されるの?何が楽しくて生きているの?』
 
と思った。口には出していませんが。
出したところで
『は?私は彼氏に癒されるんだけど?亮ちゃんが何してくれるって言うの?そっちこそ何が楽しいの?』
って攻撃されるのがオチなので。(つらい)
 
 
ジャニーズを知らなかったら知らなかったで面白おかしく生きていたのかもしれないけど、ジャニーズを知れた人生で良かったなと思っている。
 
 
 
 
メリット2.遠征するから旅慣れ、旅行関係に強くなる
 
かつて同僚と、大阪に出張する機会があった。
東京を発つ前に伝達されていた会議の時間に誤りがあったことが判明し、大阪着が会議に間に合うかどうかギリギリの時間になってしまう、少しでも道に迷ったら確実に遅刻してしまう、という状況だった。
新幹線内で乗り換え検索をしていたところ、大阪の支店へ行くためには新大阪から大阪へ行って、環状線に乗り換えるよう指示が出てきた。
 
大阪から環状線・・・?それ京セラドームに行くルートやん・・・!!!
行ける、私は行ける・・・!!!
 
新大阪到着後、何の案内表示も見ることなく、一切迷うことなく最短ルートで環状線に乗り換えることができたときには、ああおたくで良かった京セラに通ってて良かったと思った。
同僚にもとても感謝され、会議にも無事間に合った。
 
 
あとはジャニーズ関係なく家族や友人と旅行に行こう、ってなったときも、その土地に行く交通機関の種類やおおよその所要時間や金額が頭に入っていたり、切符や航空券取ったりホテル取ったりするのも早いし、我ながら頼りになると思う。
 
 
 
世の中の大体のことには、メリットもあればデメリットもあるもの。
 
ジャニヲタ最大のデメリットといえばこれか。
お金がかかる。
どれくらいかかるかは人それぞれだと思うけれど。
 
私はチケットには定価までしか出さないからチケット代に何万もかかることはないけど、交通費と宿泊費がかかる。
 
あとはCDだDVDだBlu-rayだ、雑誌だコンサートグッズだ何やかんや・・・
好きという気持ちもだいぶ落ち着いてきたので、CDは複数形態買う!とかグッズや写真が欲しい!とかはなくなってきたけど、DVDとBlu-rayの両方買いはついやってしまう。だってあの特典の付け方ずるい。
雑誌もそんなに追わなくなってきたけど、女性誌なんかは写真がきれいで手に取ってしまったり。
 
ちょっと気になって今までいくらくらい使ったのかな?と計算しようとしたけど、やっぱり怖いので止めておくことにした。それは決して考えてはいけない。
20歳過ぎてからおたくになったので、自由に使える自分で稼いだお金があったから・・・
 
でもたぶん、もしもジャニヲタじゃなかったとしても、きっと別の何かに費やしていただろうから、貯金額は今と変わらない気がする。
 
まだしばらくは、おたくでいるつもりです。