読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

清く正しく美しく、強く

錦戸亮くんより先に結婚することを目標にしてる。

職場でのジャニヲタカミングアウト問題1ーー最初の一手を間違えた話

社会人ジャニヲタで、職場でジャニヲタであることをカミングアウトしている割合はどれくらいなんだろうか。


友人を見ていると
完全に隠す、そのグループやその人が好き・CDを買ったりテレビを見たりするくらいは打ち明ける、遠征も番協も何もかもオープンにする、と人によっていろいろ。



私の場合は、去年まで6年半働いていた会社では、結局カミングアウトしなかった。


一緒に海外旅行に行くくらい仲の良い同期にも言わなかった。


2008年春に入社した時点で既におたくだった。


しかしまだカミングアウト問題について考えが至っていない、配属後間もない時点で、突然先輩に『錦戸くん好きなの?』と聞かれた。


『今朝さぁ、コンビニでピコさんが雑誌読んでるの見かけたんだよね。

レジ並んでたから声かけられなかったけど、錦戸くんが出てるページ見てたでしょ、

それで次に違う雑誌手に取ってまた錦戸くんのページ見てなかった?』


・・・・・まじでか。


TV誌読みながらニヤニヤしていたところを目撃されていたのか。


目眩がした。


そこまで目撃されてるんだから、素直にハイ好きなんですと言えば良かったのに、

すっかり焦ってしまって


『あっえっと…あの、ドラマ見て…

長澤まさみちゃんを殴っているところを見て格好いいなと思って…』


とおかしなことを口走ってしまった。

先輩の反応は覚えていない。


最初の一手をいろいろ間違えてしまった私は、その後も結局カミングアウトできなかった。


比較的自由に休みを取りやすい環境であったため、コンサートだ番協だで有給を使いまくったが


『金曜休みなんだねー土日と合わせてどこか行くの?』


と聞かれて、本当は、

関ジャニ∞のライブに行くんです!すっごく楽しみなんです!と語りたいところをぐっとこらえて


『いえ別に…銀行とか…』
と言いながら目をそらすしかなかった。


とにかく何も聞かれたくない!という時には
『ちょっと病院に…』と言って目を伏せれば、それ以上突っ込まれることはなかった。


無駄に心配かけたあの時の同僚の皆さん、本当にごめんなさい。



職場から東京ドームまで電車で10分ほどだったため、午後半休を取ってコンサートに行くことも多かった。


20代会社員としてあるまじきこととは承知しているが、寝坊してメガネ+すっぴん、ボサ髪、スニーカーで通勤することも多々あった私が


コンサートとなるとコンタクト+フルメイク、きれいめワンピース、ちょっと髪も巻いてみちゃったり、という服装で出社するため


『今日可愛い格好してるねー!そういえば午後休だったよね?なになにー?デート?!』


と聞かれて、おたくであることを隠したままだと上手い答えが思い浮かばず


『えーと、まぁ…』とか答えてた。

1対1のデートではなく、7対5万だけどな。


ジャニヲタ隠しててもそんなに大きな問題はないな、と思っていたけれど、
やっぱり言っておけば良かったなぁと後悔している。


それはジャニヲタな後輩のことがきっかけなのだけど、次回その話をしようと思う。