清く正しく美しく、強く

錦戸亮さんが好きです。最近は中丸雄一さんが気になります。

美人になれるメイクレッスン

新里沙智子さんというヘアメイクさんの、メイクレッスンに行ってきました。


これがすごかったんです。
今まで生きてきて初めて「あれ?私は美人なのでは……?」って思えました。
新里先生ご本人もおっしゃっていることなのですが【誰かと比べるのではなく、その人の元からの素材の良いところを引き立てる】メイクを提案いただけるんです。『コンプレックスを見つける、そして隠す』よりも『素敵なところを見つける、そして更に魅力的に見せる』に重点を置いて下さるので、「コンプレックスはあるよ!あるけど……とはいえ美人だな」っていう仕上がりになりました。


というわけで、レッスンの流れをご紹介。


カウンセリング

ふだん使っているスキンケアやメイク用品一式を持参して、それらを見ながら現状どのようなスキンケアやメイクをしているか、お肌の悩みやコンプレックス、メイクの悩みについてお話をします。
私は
Tゾーンがテカる」
「毛穴の開きや黒ずみが気になる」
「おでこが広くて顔の余白が多いので何とかしたい」
「眉毛の描き方が分からない」……等お話をしました。


自分のスキンケア、メイクの流れを説明するなかで『テカるのはいつですか?メイクをして何時間後?』『この美容液、メーカーさんはどのタイミングで使うことを推奨していますか?化粧水の直後?それともスキンケアの最後?』と様々な質問をされるのですが、どれも「えっ……分からない……何となく……」としか答えられない自分に愕然としました。

何となく、テカる気がする
何となく、スキンケアの最後に使っている。何となく洗顔直後に使うこともある。
基本的に何となくとしか思っていないんですね、意思を持って使っていない。


パウダーにも違いがあるんですよ。今お使いのものはどういう特徴のあるパウダーで、何のために使っていますか?っていうお話で、えっ何となく……ファンデーションの後にはパウダーかなって……パウダーの特徴とは?粉は粉では?はて??となっていた私に『実際に触り比べてみましょう!』って言って下さる優しい先生。

MiMCのパウダーとYVES SAINT LAURENTのパウダーを触り比べて「こっちの方がさらっとしていて、こっちはしっとりしているのが分かりますか?」って聞かれたけど「えっ……わかんない……粉であることしか……分からないです……」って頭の悪い発言をした私にも、丁寧に説明して下さる先生。
「アッ?!こっちの粉は粉だけど、こっちがしっとりしているのは分かる!!」と、理解できるまで説明して下さいます。

先生には「でも、何となくっていう感覚もとっても大事ですよ。第六感じゃないけど、あれ?これ違うな?とか、あ!感じが良い!とか、言葉で説明できない、自分にしか分からない感覚っていうのも確かにあります。それも大切にしてほしい」と言われたので、感覚も大事にしつつ、「このお化粧品はこういう特徴のはもので、私はこういう目的でこれを使う」って意識して使いたいなと思います。


スキンケア実習

まずはクレンジングから。
今までは顔に塗ってクルクルしてパッパッて流してしていただけなんですけど、よく見かける「メイクとクレンジングを馴染ませる、乳化させる」っていうの、これのことを言うのかー!!!!ここまでやって初めて乳化って言うのかー!ってなりました。

「先生、私普段からクレンジングはミルクを使っているんですけど、ミルク=白いから既に乳化状態では?って思っていました(頭悪い)」
『違います!(バッサリ)』
オイルとかジェルとか透明なものが乳化して白くなるってことなのかな?って思っていたので、ミルクは既に乳かしら?白いし?って思っていたよ。


そのあと化粧水からのスキンケアは先生が軽くマッサージをしながらやってくださるのですが、これが気持ちよくて……眠たくなってしまいました……
1工程が終わるごとに『お肌を触って、鏡で見て。どこがどう変わった?』と確認しながら、とにかく入れ込む。

レッスンの1番始めに『お肌が薄いですね』と言われたので、層が薄い=保水力を高めることを意識しながらお化粧品を選ぶ、スキンケアを行うことが大切なのだなと感じました。
お肌の調子や季節気温湿度の変化に合わせたアイテム選びのコツ、足し算引き算のやり方、実際に私の肌に触れてくれたプロの方に教えていただけるのすごい良かったです。


ベースメイク実習

ここでですね、スキンケアが終わった段階で「あれ……?私って肌が綺麗ですね?」ってなっているんですね。入れ込むことを意識するスキンケアをするだけで、ここまで変わるのかと。

下地まで塗るとさらに肌が均一になって、もう他に何も塗らなくて良いのでは??ってくらい肌が綺麗。
「これ私許されるなら下地だけで外を歩きたいです」って言ったら先生が『良いと思いますよ!』って言って下さったので、今度チャレンジしたいと思います。

「30歳を過ぎたから」「社会人だから」ちゃんとファンデーションを塗らなきゃ!って思っていたのですが、今思うと何その理由??って感じですね。『必要がないところには、塗らなくても良いんですよ』と言って下さってハッとなりました。

とは言え今回はメイクレッスンなのでファンデーションも塗ります。『よくお肌を観察して下さい。ここの部分、下地では補正しきれなかった色ムラがあります。ここはファンデーションを載せます』と先生がファンデーションを手に取るのですが、それが思っていたより少なくて、そんな量で良いんだ?!と半信半疑だったけどこれがまぁ綺麗なんですよねこれだけで……塗る範囲も極小。
今まで、今日は気合い入れる!って日はベタベタに全顔ファンデーションを塗ってコンシーラーを重ねてってとにかく塗り込んでいたけれど、全然要らない。コンシーラーもう捨てようか。


メイク実習

半顔は先生がお手本を見せて下さって、もう半顔は自力でやります。
これがね~やっぱりマンツーマンの良いところで、めちゃくちゃためになりました。メイクの仕方を学ぼうと思ったら、雑誌とか、動画とか色々あると思うんですけど「でもこの人と私の顔は違うしな……」って参考にならなかったりしますよね。コスメカウンターでも教えてもらえたりするけど、最近はどこのカウンターも混んでいるのであんまり時間をかけてもらうのは申し訳なかったり、そもそもあれは「お化粧品を売る、買う」ための場所だからね~教えてもらうための場ではないものね。たまにレッスンをやっているブランドもあるけど、当然ながら使うお化粧品はそのブランド縛りになるのと、「これだけ教えてもらったのだからたくさん買わないと」ってなるのが苦手でね……

私の顔のバランスを見て下さったプロの方に『私にとってのチークのベストな入れ方』『筆の角度』『目のどの辺りまでアイシャドウを入れると良いか』などなど、私に合わせたメイクの仕方を教えてもらえるのマンツーマンならでは。

スキンケア、メイクに関するどんな質問にも答えて下さいます。「買ったは良いけど使いこなせていないコスメたち」を持ち込んだのですが、
「マットで濃くて使いどころのない赤リップ」は『このリップ指でポンポン載せたら可愛いですよ!きちんと塗るよりその方がお似合いだと思います』
「色自体はめちゃくちゃ可愛いのだけどなんか絶妙にくすんで似合わないアイシャドウ」は『この色とこの色を混ぜたらどうです?ほら、肌馴染みよくなった!』って、一瞬で解決していただけました。魔法使いだった……

レッスンが終わってから予定があったので10時間くらいお化粧直しもせずにいたのですが、ほとんど崩れてなかったです。アイラインが多少滲んだなくらい。


以上、所要時間3時間があっという間に感じるレッスンでした。


私自分の顔が綺麗だとか好きだって思ったことがなかったんですが、生まれて初めて「あっ私って良い顔立ちしてるな、美人かもしれない」って思えました。

「中学生のとき1回男子にブスって言われたことがあって、それ以来自分はブスなんだって思ってきました」と先生に言ったら、『小中学生のときってそういうことありますよね。まぁ大人になってもそうやって人の容姿のこと悪く言う人はいますけどね。でも、そんな性格悪い人のことなんかどうでも良くないですか?あーあなたはそう思うんだ。そっか、違う世界の人だな。以上。で良くないですか?そんな性格悪い人の言うことなんか気にする価値もない』と言って下さって、その瞬間サァーって風が吹きました、私の心のなかに。ブスの呪縛から解かれました。

この先年を重ねてシミがシワがたるみがってことはあるだろうけど基本的な顔立ちは変わらないわけだから、1回「私の顔立ちに合わせた」メイクを習えたことは一生役に立つなと思います。

正直ね32,400円というお値段に最初は怯みました。なので行きたいなって気持ちを何年もあたためていました。予約開始日にちらっとサイトを眺めては、あ~続々予約が埋まっていくな……あっ満席になっちゃった……いつか行きたいな~で終わっていたんですけど、「いつか」って言い続けて何も行動しない奴にその「いつか」って絶対訪れないのが世の常じゃないですか?
思いきってみて本当に良かったです。このお値段高くないです。

新里沙智子さんのサイトはこちらから、予約もサイトからできます。
優しく素敵な先生です。
http://atelier-mapiece.com/wp/

しかしながら、来年2月以降は残念ながらレッスンを休止される?ようです。
私がさっき見たところ、スキンケア+メイクのフルレッスンは満席のようですが、スキンケアorメイクどちらかのハーフレッスンは少しだけ空きがあったので興味のある方は急いで下さい。

【追記】
ハーフも受付終了されていました……


そんなすぐには代官山に行けない……って方は、本も出版されています。


レッスン後「夢中になりすぎてあんまりメモ取れなかった……もう忘れちゃった……」と嘆いたら『大丈夫、全部本に書いてあります!』と言われたのですが本当に全部本に書いてありました。


新里先生、ありがとうございました!!